自律神経失調症を漢方で治す~体の内側から健康になろう~

女性

高血圧を改善しよう

落ち込み

高血圧は、国内でも発症数の多い病気の1つです。高血圧は、動脈内に汚れがある場合や、血流の流れが悪いと引き起こされてしまいます。血流が悪いと、心臓は通常の倍の働きをして、血液の流れを改善しようとしまう。その際に圧力が高まることで高血圧になってしまうのです。高血圧の症状を放置してしまうと、糖尿病や脳卒中、心筋梗塞などの病気を併発してしまう可能性があるため十分な注意が必要です。高血圧かどうか判断する基準としては、最大血圧が135から140mmHg以上、最少血圧が90mmHg以上というのが目安です。どちらかの一方でも数値を超えてしまっていたら、高血圧と診断されます。高血圧になってしまう原因としては、主に塩分の過剰摂取や慢性的な肥満、精神的ストレス、飲酒、喫煙、運動不足などがあります。高血圧はこういった生活習慣が起因する場合もあれば、遺伝的な要素で引き起こすこともあります。ですが、ほとんどの場合が、乱れた生活習慣に起因していることが多いため、生活習慣を正しくするように心がけておきましょう。

高血圧を予防するには、生活習慣と併せて、食事の内容にも配慮しましょう。高血圧を未然に防ぐことが出来る食品としては、わかめや昆布などのミネラル成分を多く含んでいる海藻類や、カリウム成分を多く含んでいる、ほうれん草、小松菜などがあります。また、血圧を低下させることが出来る飲み物としては、ココアやコーヒーなどがあります。これらを摂取する時は、塩分や糖分を控えめにすると良いでしょう。